婚活相談

恋愛トラウマはどうすれば解消できるのでしょうか(20代女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私なんて…と考えてしまう(20代女性)

私は20代初めに大失恋を経験しました。
その時から恋愛トラウマを抱えています。
私は依存型のこじらせタイプで、いつも恋愛に振り回されいるんです。
彼氏のLINEが遅いと気になってたまらないし、
SNSの投稿を見ては、ほったらかしにされてる気分になって落ち込みます。
最近では、浮気をしているのではないかなどと勝手に妄想したり、
「こんな私だからどうせまた振られるんだ」
「私なんて誰からも愛されないんだ」
とネガティブに考えてしまいます
最近、本気で恋愛トラウマを解消したいと考えるようになりました。
どうすれば解消できるのでしょうか。

パートナーシップカウンセラー梅田もと子からのメッセージ

この気持ちとてもよくわかります。
私も同じ依存型でした。

最初のうちは好かれてる実感がありますので、
不安にはならないんですよね。

だんだん慣れてきて、会う頻度が減ってくると、
気になって気になって仕方ない。

会えばいつも「なんで?~してくれないの?」といつも不機嫌顔。

挙句の果てに振られてしまう。


このパターンは、早く気づかないとずっと繰り返されます。

だから、この恋愛パターンに気付けたあなたはとても素晴らしいです!

恋愛トラウマに早く気づき、解消していくことが出来れば、
その後素敵な人生を送っていけます。

なので、早くこのパターン・癖を断ち切りたいですよね。

恋愛ホルモンの賞味期限を知る

恋愛ホルモン(PEAフェニルエチルアミン)の賞味期限って知ってますか?

およそ3ヶ月頃から減ってきて3年でなくなると言われているんです。

なので、彼の愛情表現が減ってきたと感じるのはそのためだと思います。

でも愛情がなくなったというわけではないんです。

ただ、男性って「言わなくてもわかっているだろう」と思うらしいのです。

だから、そんなものだと頭の片隅に置いて、何か気分転換になるようなことをやってみるのはいかがですか?


ドキドキときめくホルモンは減少しても、代わりに信頼・癒しのホルモンであるオキシトシンを分泌させればよいのです。

例えば、スキンシップをあえて取ってみたり、
マッサージしたりして安心感を与えるのが効果的です。

照れくさいけれども、あえて形から入ってみる。
習慣になってしまえば、ずっと長く愛されて安定したパートナーシップを築けますよ。

ネガティブ発言を止める

つい不満が溜まってくると、「なんで?」とか「どうして~してくれないの?」
なんてことを言ってしまいます。

男性って「なんで?」って言葉を否定語と受け取るらしいんです。

「どうして~してくれないの?」も責められているように感じられますよね。

なので、肯定的な言葉を使うようにすることも意識してみてくださいね。


それと、やはりこんな時にはI(アイ)メッセージを使ってみませんか。

「私は~して欲しかった」
「一緒に○○に行きたかった」

と言えば、責められているようには感じませんよね。


相手は自分の鏡とするならば、
不機嫌なあなたを見た彼は、あなたを愛してくれるでしょうか。

愛してほしいならば、あなたが自分がして欲しいことを相手にもしてあげる!

少し意識するだけでも変わってくると思いますよ。

依存型恋愛の原因を知る

依存型の恋愛をしがちで、同じような恋愛パターンを繰り返している・・・

こんな方は、自分ではなく他人を主体にしてしまうんですよね。

他人を主体にすることで、自分を守ろうとしているのです。

自分の満たされないものを相手で満たそうとしているのです。

そう、自分に自信がないのです。
まるで過去の私。

そして、その原因って子供の頃にあったのです。

もしかして、子供の頃に「~なら愛される」といった条件付きの愛を感じていませんでしたか?

例えば、親に「いい子じゃないとうちの子じゃない」と言われたり、
テストで良い点数を取ってこないと喜んでくれなかったり・・・

私の場合は、口答えをしたりちょっと大きな声を出しただけで父から怒鳴られていました。
特に秀でたところもなかったからか、 褒められた経験も思い出せません。
共働きで忙しかったのでわがままを言ってはいけないと思っていました。
だから、甘えたことがないのです。

それらが原因だと特定できるのかはわかりません。
気付かないところでトラウマというのは出来上がるのです。

それはそうですよね。
人間の意識は顕在意識が5%以下と言われていますからね。
潜在意識つまり無意識の部分がほとんどだからです。


幼い頃に条件付きの愛で育ち、愛してほしいのに十分に愛されなかったと潜在意識で感じているほど、相手に対し「普通はこうしてくれるのに・・・」と無意識にルールを決めるような愛し方をしてしまうのです。

「本当は親に無条件に愛されたかった」

これが本当の気持ちなんですよね。

常に不安定で不安を抱えて生きてきて、
「信じたい、けど信じて裏切られるのが怖い」
という想いを繰り返し負のスパイラルに入っていってしまうのです。

心の闇を解放する

負のスパイラルに入った時に、お勧めなのが思いを紙に書き出すことです。

書いたことの横に、自分はどうしたかったのか、どうして欲しかったのかを
書きます。

そうすることで、自分の本当の望みがわかります。


「こうでなければならない」、「普通はこうしてくれるものだ」
などというのは思い込みです。

そういう思い込みは、ループにはまる前にその都度解放しませんか。

そして、解放したら自分に語り掛けるのです。
「大丈夫。どんなあなたでも大丈夫。いてくれるだけで大丈夫。愛しているよ。」
と。

子供の頃の癒されていない部分を少しずつ癒していくことで、条件を付けずにありのままで愛される女性になっていくことでしょう。

言葉で潜在意識をクリーニングする

私たちが普段使っている言葉。

言葉のチカラって偉大なんです。

潜在意識って無意識の領域だから、発する言葉が綺麗な言葉とか汚い言葉だとかにかかわらず意識の中ににどんどん入っていき、言葉通りの現実を引き寄せてしまうのです。

「私はダメな人間だ」「私って最低!」

そんな言葉を使ったら、そうなっていくのです。

使った数、思考した数だけその言葉通りになってしまうんです。
そう考えると怖いですよね。

だから、今日からネガティブ言葉を封印しましょう。
言いそうになったら、全部あえてポジティブ言葉や美しい言葉に変えるんです。

例えば、
私ってダメだなぁ → 私って素晴らしい!、私ってすごい!

今日は最悪な日だ! → 今日は最高の一日だ!


潜在意識のクリーニングに最も効果大な言葉は「ありがとう」「愛しています」とよく言われます。
なので、この言葉を何回も口にしたり、心の中で唱えたり、自分に語り掛けたりするのがおすすめです。


また、自分にかける肯定的な言葉や宣言のことをアファメーションといいます。

ハワイに伝わる伝統的なセルフクリーニング法「ホオポノポノ」
「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」

また、斎藤一人さんがいつもおっしゃっている「天国言葉」の
ついてる、ついてる

これらの言葉を組み合わせたり、自分で創っても良いのです。

例えば
「私は幸せです。ありがとうございます。感謝しています。」
「愛する人と巡り合えました。ついてる。ついてる。」
など・・・

そして沢山自分にかけてあげてください。

特に寝る前や朝起きた時、入浴の時などが潜在意識に入りやすいです。


恋愛トラウマを癒すためには、傷ついた言葉の何百倍ものアファメーションで上書きする必要があるんです。

ちなみに私はスマホの待ち受けにも言葉を入れています。
続けていくと、必ず効果を実感できますよ。

気付いて一歩を踏み出す勇気を持ったあなたはきっと今抱えているトラウマを克服できるでしょう。
自信を持ってくださいね!

まとめ

20代初めに大失恋をしてから依存型のこじらせ恋愛を繰り返している女性が、どうしたらこの恋愛パターンから抜け出せるのかというお悩みでした。

まずは、恋愛ホルモン (PEAフェニルエチルアミン) が3ヶ月で減ってくることから、男性とはそんなものと割り切り、代わりにスキンシップを心がけオキシトシンというホルモンを分泌させる。

否定的な言葉は使わずに肯定的な言葉を使い、I(アイ)メッセージを意識してみる。

しかし、依存型恋愛の根本の原因は条件付きの愛で育った幼少期にあり、
本当は「無条件に愛されたかった」というのが大きいのです。

信じたいけど裏切られるのが怖い
だから相手に「こうでなければならない」と求めてしまう。

そんな気持ちになった時には紙に自分の気持ちと本当はどうして欲しかったのかを書き出すことで自分を客観視し、負のループにはまりそうになったらその都度解放して癒していくことで、これまでの恋愛パターンを断ち切ることができます。

最もお勧めなのが、言葉を使って潜在意識をクリーニングすること。

ネガティブ言葉をポジティブ言葉に変換するよう意識してみたり、「ありがとう」や「愛しています」などの言葉を多く自分にかけることを続けていくと効果を実感できます。

あなたの恋愛がうまくいくよう応援しています!

悩み相談および潜在意識書き換えの初回限定体験セッションを行います。(zoomで行います。)

このプログラムでは、まず感情のその背景にある「~ねばならない」や「~してはいけない」といった思い込みをカウンセリングで見つけます。

この「~ねばならない」や「~してはいけない」というのは思考や価値観。
ほとんどが、幼い頃についてしまったものなのです。
この無意識についた思い込みは意識で手放そうとしても手放せません。

たとえば、「私は本音を言ってはいけない」や「私はいい子でなければならない」という思い込みがあるとします。

潜在意識の書き換えを行うと、「本音を言ってもいい」「相手に合わせなくてもいい」と今までの感覚が変化しているのを感じられるようになります。

体験セッションは下記のお申込みフォームから、もしくはLINE公式アカウントからお申込みください。

初回体験セッション (必須)

セッションはオンライン(zoom)にて行います。

潜在意識書き換えセラピー初回体験セッション50分 5,000円お悩みカウンセリング初回体験セッション50分 3,000円 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認用メールアドレス (必須)

都道府県 (必須)

 

お支払い方法 (必須)

現金振込にてお支払いクレジットカードでのお支払い 

セッション希望日時 (必須)

平日午前希望平日午後希望土日午前希望土日午後希望希望日時あり(メッセージ欄へ)

メッセージ

個人情報の取り扱いについて

このフォームで取得する個人情報はスタイルマリッジフクオカの個人情報保護方針に従って管理されます。個人情報の取り扱いにご同意いただいた上で、ボタンを押してください。
確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

LINE公式アカウントから「無料5日間メールレッスン」の配信を開始しています。
3大特典付きです!
特典その1「恋愛トラウマ克服ブックレット」
特典その2「パートナーシップを長続きさせる秘訣」
特典その3「パートナーから自立し幸運体質になる運気アップ法」

https://peraichi.com/landing_pages/view/thestylem

友だち追加



コメントを残す

*