婚活相談

男性婚活初心者が陥りがちな10の壁と前持った対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今まで放置してきた”出会い”や”結婚”について。
「やっぱりこのままじゃいけない!」
と思っている婚活男性初心者や、なかなか婚活が上手く行かない男性に参考にしていただければと思います。

というのも、婚活の取り組み方のベースから尻込みもしやすく、人によって考え方も偏りがち。
はじめから婚活パーティーに参加するというのもなんだか行きにくいし…

「まずは、出会い系サイトや婚活情報サイトに登録しておこう。」
というのが長期婚活に持ち込むことに!

婚活男性初心者の場合によく陥りがちなのは、女性との接触が日頃少ない男性にかぎって、初めはちょっと足踏みしつつ、少しずつ取り組もうとしている方が割合多いのではないでしょうか。

出会い系サイトや婚活情報サイトなどにまずは登録して、どんな女性がいるのかな?という具合に傍観者になってしまうのでは、婚活をより遅らせてしまうかもしれません。

出会い系サイトでまずは、好みの女性を検索♥

「女性との出会いを求めよう!」「結婚に向けて励もう!」としているからこそ、中途半端な活動にだけはならないように『男性婚活初心者が陥りがちな10の壁と前持った対策』と題してまとめてみました。

その1.はじめての婚活パーティーに理想を追い求めすぎる

ライトな婚活が流行ってきた昨今。
婚活パーティーは毎日のようにどこかで行われるようになりました。
婚活パーティーで意気投合して好きな女性が出来る!
夢のようなストーリーを追い求める気持ちはとてもわかります。
是非、積極的に参加した女性たちとコミュニケーションを図ってみてください。

ところが、そんな時に男性がよく陥りがちなのが、外見重視になり過ぎてコミュニケーションすらはかどらないパターン。

例えば、男性はとくに20代の若い女性をターゲットに絞り込み過ぎたり、外見で相手を判断しがち。外見も大切とは言え、気にし過ぎて内面はどんな相手なのかも分からないまま何も発展せずに終わってしまうというケースも。

婚活パーティーは異性と対面出来るチャンス。
婚活裏情報などをリサーチし過ぎて結局目を肥やしにし過ぎても、何も始まりません。

あまり積極的なアプローチが苦手な男性は、どちらかというと婚活情報サイトで気軽に婚活パーティーに参加するよりは、結婚相談所主催の婚活パーティーに参加されるのが良いかもしれません。
婚活相談所主催による婚活パーティーは簡単なプロフィール登録だけでなく、身分証明書やきちんとした手続きの上で会員となった方同士による婚活パーティーになります。

婚活パーティーといってもランクもあれば、質もさまざま。
理想よりも、堅実性が近道かもしれません。

その2.やっぱり仕事が忙しすぎて、婚活できない

たしかに、仕事が忙しすぎるという理由が出会いがない男女の課題1位になるくらい、忙しい社会。
ところが、それが婚活の妨げに必ずなっているのか?というと本当のところはどうなのでしょうか。

むしろ慣れない婚活の疲れの方が、強いかもしれません。

人はコンフォートゾーンの外に出ようとするとき多くの場合、苦痛を伴うことが少なくありません。
まず、慣れない居心地の悪いフィールドに身を置くこと自体が誰しも少なからず疲れを伴うからです。

ところが、仕事で忙しさが続くことにより、より婚活という慣れない環境へ仕事の後に向かおうとすると、より疲労感が増してしまったりします。

そうすると、予約していた週末の婚活パーティーも「やっぱり婚活パーティーは今日はちょっと無理だ」とカンタンにあきらめてしまうこと。

そんな方は、まずは結婚についても目標をきちんと定めてしまうことが大切。
ビジネスと同じように結婚までの目標づくりをまずは明確にすることがより効果的です。

かといえば、それが苦手な方は、結婚相談所で結婚までの筋書きを婚活コーディネーターと共に組み立てていくと良いでしょう。
ご入会後は活動前のカウンセリングも行われますから、専門の婚活コーディネーターとともに、具体的な結婚へのすじがきが出来上がるでしょう。

その3.無理しすぎて気前よくしたり、ついウソまでついてしまう

好みの女性を目の前にすると、ついなんとかその女性との進展を募らせてしまうかもしれません。
そのあまり女性に話を合わせすぎて、本音は違うことでも、頷いてしまったり、個人的な意見さえ言いだせなくなってしまったり。
また、本当は趣味は違うけどまぁちょっとくらい彼女に合わせておこう。そうしたちょっとした偽りが、どんどん本音の会話を曇らせてしまう原因となってしまいます。

とくに初めのウソほどつかないほうがいいでしょう。

いくら興味をそそられる相手であっても、本音で話せるようなコミュニケーションが女性と出来ない相手では、最悪あなたは思わぬワナにハマってしまうこともあるので注意が必要です。

たとえば…彼女が「これ欲しい!」といえば、あなたの心の中では反対でも「いいよ!」とつい言ってしまうかもしれません。

本来の自分でいられるようなコミュニケーションが円滑にしあえるパートナーであることは必須と言えるでしょう。

外見や年齢ばかりに心が奪われていては、本当のあなたの求める恋は出来ません。

自分の良さを伝えられるパートナーを基準にすることが大切です。

また、相手のことを事前にチェック出来る婚活プロフィールを予め確認しておくことも大切です。

出会い系や婚活情報登録にも婚活プロフィール情報が掲載されています。
ただし、婚活プロフィール情報の明確さについては、各々の登録の仕組みが伴うために保証がないものもあります。

ライトなネット婚活が流行る中、婚活プロフィール情報の優位性まではさまざまといえます。

たとえば、結婚相談所の会員登録によるプロフィール情報は、身分証明書などによって定められた会員限定となります。会員男性はその会員女性を閲覧できるシステムとなっていますので、互いの素性等は予め確認した後の婚活が取り組めるため安心です。

このように婚活では、極力素性の分かる信憑性の高い方法で婚活を行うことがトラブルなどを避けるための最善の対策といえるでしょう。

その4.出会いのあと、進展がないけどどうしよう…

どちらかと言えば、男性側が女性の連絡を待っているかもしれません。

たとえば、婚活パーティーで出会った女性と連絡先を交換したとしても、相手の女性も本気かどうかは別問題と言うその場しのぎになっていることも残念ながらありえます。

そのため、男性側は本気で付き合いたい気持ちでいるにもかかわらず、相手の女性は他の婚活パーティーに再び参加しているということも想定しておく必要があるかもしれません。

そんな状況で陥りやすいのが、相手に積極的に連絡すべきかどうかさえ、判断しきれないという状況。

普段仕事にばかりの男性にとって、女性とのコミュニケーションの取り方すらよく呑み込めず、
どうすればいいのか?半ば迷走状態になり、行動出来なくなってしまいがちです。

相手の気持ちを察することは大切ですが、いざ連絡先を交換することが出来る場合は、
その時に一言、たとえば「今日は楽しいお話しをありがとうございます。都合良い時に近いうちまた会えますか?」と伝えることも必要な対策といえます。

そうした男性の積極性はまだ迷いがちな女性にも好印象を与えることがあるので、少しでもあなたのことが気になっている女性ならば、あなたになんらかの同意した答えをくれることでしょう。

たとえば、結婚相談所では、婚活コーディネーターとの打ち合わせで、交際、真剣交際、成婚までの道のりを一緒に会員に付き添ってくれます。なかなか進展できない場合でも、婚活コーディネーターに相談してお相手との状況を把握しながら、進展していくことが前提となるので、なかなか彼女との距離を進展させられないというケースも防ぐことができ、積極的な婚活が望めるでしょう。

その5.交際スタート!肝心な時に普段着でデートしてしまう

男性はつい「まっいっか。」と普段着のままでデートに駆けつけてしまうケースがわりに多いのではないでしょうか。しかしながら、女性はもしかして作業着?かもしれない男性の普段着に見える服装を結構気にしています。

仕事も忙しいし、仕事が終わって、着替える時間もなくてつい、普段の自分を見てほしい。と思いきり、デートの待ち合わせ場所に駆けつける普段着の男性。

それを見た女性は多くはがっかりするかもしれません。

たしかに、十人十色ですから、服装を気にしないという女性も中に入るかもしれませんが、TPOに合わせることやまた、女性に積極的な思いを見せる必要があります。

どうでもいいということはまずないでしょう。

せっかく交際スタートまでこぎつけた末に肩の力を抜き過ぎてしまわないように気を付けてくださいね。

また、相手の女性の服装にあまりにかけ離れ過ぎた服装では場にも馴染めなくなってしまいます。

普段着過ぎず、清潔感のある着こなしを心がける必要があるでしょう。

また、自分でコーディネートするのは無理!と言う方は、婚活コーディネーターが男性に似合う服装をコーディネートしてくれるたり、パーティー衣装など、サイト上で予約してコーディネートしてもらうサービスなどもあります。

また、結婚相談所でも、婚活コーディネーターが服装のコーディネートまでお手伝いしてくれるので、婚活相談所の会員の方はその方法で交際にも落ち着いて望めるように前持った対策を講じてくださるでしょう。

その6.告白のタイミングがわからない

交際して数ヶ月が経った。これからが真剣交際だとしても、男性にとってはいまだに彼女の気持ちがそこまでよく分からない。このまま告白までしてもいいのか?中途半端に思われたくないし、大事にしていることは相手にも伝わってると思う。もう一歩踏ん張りたいところだけど…。

計画的に進めてきた男性なら特に、効率よくプロポーズして結婚へと歩み寄りたいかもしれません。
また、同棲していたり、それなりの至近距離にまで至れば、何でも言い合える!と思いますが、意外に至近距離だからこそ本当の気持ちが言い出せなかったりすることが多いのではないでしょうか。

そんな男性にとって彼女が大好きであればあるほど手放したくない気持ちもひときわ強くなりがちかも知れません。

もしも断られれば、永遠の別れと思うと、なおさら言い出せなくなってしまいます。

それを踏まえると交際している間はなるべく中立な立場で、その先にきちんとした歩み寄りがある方が、近づき過ぎるよりも、場合によっては良いかもしれません。

男性にとって誰しもプロポーズは一生に一度と思うあまり緊張するものです。

そんな勇気が試されることだけに、結婚!結婚!という思いは一旦脇において、相手の気持ちをある程度把握してあげられる余裕を見せられる方が、お相手の理解を深めることに繋がり、絶好のチャンスが迎えられるかもしれません。

大好きな彼女。その気持ちと本音で向き合いましょう。

ただ、中にはそうしたやり取りが苦手という男性も少なくはないでしょう。

その場合、結婚相談所では、相手の女性との距離を婚活コーディネーターがきちんと把握しながら、前に進める手助けをしてくれます。また、結婚相談所に登録された会員同士ですので、互いに積極的な出会いと恋愛を求めています。一般的な出会いと交際とは違い、互いの気持ちをダイレクトに認識しあって進められることも結婚相談所を利用する上でのメリットともいえるでしょう。

その7.いざ結婚へ!成婚準備はどうすればいい?

「プロポーズして相手にOKがもらえた!万歳!!」と
一安心した男性も、実際結婚式の為にどんなことをすべきなのか?結婚資金については予め具体的な把握が必要です。結婚式も式場選び、ドレス衣装や披露宴、新婚旅行など色々と考えることはたくさんあります。

また、新郎新婦から式や披露宴、場合によって二次会披露など、親族、親戚、職場関係、友達への招待状の手配など一つ一つをこなしていく必要があります。

そんな一つ一つのことを積み重ねていく事でようやく結婚式を迎えることになります。

結婚式まで特に考えず、婚姻届のみで済ませようかというカップルも中にはいますが、いずれにしてもお互いの気持ちを確かめ合うことが前提です。

そしてそんな時期だからこそ男性は女性の結婚式の思いにまずは応じる姿勢が大切です。

女性の気持ちを十分に考慮し、互いの気持ちを確かめ合いながら相応しい結婚式を挙げたいですね。

たとえば、結婚相談所においては、ご成婚が決まれば、お二人の結婚への理想について汲み取った結婚式の手配にも尽力してくれます。一緒にお二人の仲人として励んできた婚活コーディネーターだけに、お二人のことを考慮してくれることでしょう。式場の手配はもちろん、その後の段取りなど結婚式を慎重にすすめてくれるでしょう。

その8.新居、引っ越しのタイミングはどうする?

成婚されると、互いの両親も交え、大まかには引っ越しも含め新居のことも考えておかなければなりません。

とくに一般的な例では新婚夫婦の家を建てることや、世帯住居を考えることもありますが、そんな時にどちらか一方の両親とともに暮らすようになる場合はとくに相手の気持ちをちゃんと理解してあげることが大切です。

また、生活環境が大きく変わることですから、仕事上の都合だけでなく、親戚が周囲にいるかいないだけでも、お相手の気持ちも吟味した結論を出すことは大切です。

成婚までに至るとはそうしたこともすべて考慮の上で決めていく事になるので、男性だけに関わらず、女性にとっても大きな覚悟があることは言うまでもありません。

好きだから、結婚を意識するということは誰しも普通の感情ですが、互いで協力し合っていくことを前提とした判断をしていくことが不可欠です。

結婚相談所においても、互いにパートナーとして協力し合う人生について婚活アドバイザーが親身になって協力していきます。成婚の後の進捗についても詳しく説明する中で互いの気持ちを先に整理させていくことも欠かしません。

その9.家族計画ってなに?

男性側にとってはあまりピンとこないところかもしれません。

昨今出来ちゃった婚も少なくないため、家族計画と言う言葉もだんだん目にしなくなりました。

ただ、本来結婚してからご夫婦にお子さまが誕生し、二人で協力し合って理想の家族を形成していくことが、家族計画を立てる要素として相応しい流れであることは未だ変わりないと思います。

婚活している時期からすると、結婚後のことまでまだ認識しきれていないのが実状かもしれません。

ですが、女性にとってはとても重要といえることで、出産適齢期も考慮した上で結婚を望まれる女性の思いを知っておく必要があります。

婚活もビジネスといっしょと言う考え方は確かにありますが、最短ルートで突き進む気持ちばかり強いと、結婚後は結局、仕事優先になり女性や子供のことまで関心を寄せられないという状況を招いてしまいがちです。

家族計画を正しく立てて、家族を極力優先できる環境づくりに配慮を心がける必要があるでしょう。

結婚相談所においては、婚活だけでなく、結婚された後の段取りもお二人の歩まれる状況が明確に意図づけられるようにアドバイスしていきます。経験豊富なスタッフが結婚後お二人が順調に生活していく事が出来るようにサポートしてくれます。前持った家族計画を行うことはお二人の信頼関係をより強固なものにするうえで大切なことです。

その10.出会いは求めてるけど、つい嫌気がさしたりして孤立したくなるのはなぜ?

男性であっても、女性であっても出会いを求めようと必死になってしまう婚活。
そういう状況ほど、しがみつくような姿勢の婚活はあまりおススメ出来ません。

また、初めの望みが高いほど、理想には程遠い相手を選んでいたり、妥協も必要と投げやりになってしまうこともいいことではありません。

初対面で外見に囚われるのはたしかなのですが、大切なことはお相手と分かち合える関係を持っているかどうか?

趣味があったり、笑いのツボが妙に似ていたり、コミュニケーションがとりやすくて場の空気が和やかになれたり、居心地の良さを感じたり。

そうしたパートナーと一緒にいる感情にフォーカスしてみることが大切です。

とくにコミュニケーションの仕方にも同じ空気感があるか?

会話のリズムも皆人それぞれです。

言葉のキャッチボールが続かないことには結婚は想像も及びません。
何かある共通点を見出し、互いに共感し合える、そんなハーモニーを感じ合える相手こそ、
あなたに相応しいお相手ではないでしょうか。

ご結婚した後も、お二人仲良くいられる共通した要素をたくさん持っているご夫婦ほど、長く永遠の愛を確かめ合うことが出来るのではないでしょうか。

『男性婚活初心者が陥りがちな10の壁と前持った対策とは?』まとめ

婚活男性初心者の陥りやすい点についてまとめた対策をお伝えして来ました。
とくにこれまで婚活男性初心者の視点として、女性との関係にそれほど積極的ではなかった方にとって分かりやすい内容にしました。

もしもっと細かい内容で疑問が残る場合は、無料相談も行っております。

この記事には、結婚相談所の例を予め加えた内容にしましたが、その具体的な理由として、ストレートな恋活、婚活を望まれる方の傾向や慣れない婚活を成功させる上ではより確実な婚活方法です。

結婚相談所といっても、昔のような仲人が両親ともに揃ってお見合いを進めていくような格式ばった様式ではなく、昨今の結婚相談所はほとんどインターネットによるネット婚活が主流で、ご自身でパートナーを見つけられる完全登録制の婚活所になっています。

婚活パーティーに参加されるにしても、信用のおける会員の間での交渉が出来ますし、婚活コーディネーターによる指導も初心者のみなさまにとっては、この記事でも説明してきたように、大変心強いものになるでしょう。

当サイトも婚活情報の一部として、結婚相談所のご紹介もいたしております。

とくに遠回りした婚活はせずにストレートな出会いと結婚へ至る近道をお望みの方にとって
結婚相談所は結婚を望まれている会員限定であることからも、信頼のおける一つの明確な手段ではないでしょうか。

『自分らしい婚活』が知りたい方へ

スタイルマリッジフクオカでは、まずあなたにあった婚活方法について気付いてもらうきっかけづくりのために簡単なステップアンケートを実施しています。
もちろん、婚活コーディネーターよりアドバイスを添えてご相談に対応いたします。人それぞれ個性が備わっているように様々な情報に対する関心度、趣味からコミュニケーションのとり方、一見ネガティブに感じてしまう側面も含め、いずれもあなたの良さが引き出せる婚活を行うことで、あなたにあったお相手を見つけていただきたいと思います。お相手の理想を高く持つことも大切ですが、まず自分を見つめることで、自分にどんなお相手がもっとも理想的なのかを知っていただくきっかけにしてください。そこから、婚活コーディネーターがあなたにあった婚活についてのアドバイスをいたします。

アンケートに答えて、自分らしい婚活アドバイスをもらう

Views

コメントを残す

*